法律事務所とは弁護士がいる事務所のことです

法律事務所とはどのようなものなのでしょう。一般には、弁護士さんがいる事務所のことをこう呼びます。大抵の場合、1人ないしは複数の弁護士がいて、法律業務を取り行う事務所のことです。弁護士事務所ということもあります。日本の場合、法律事務所はいくつかのタイプに分けられます。まず弁護士法人というものがあります。これは、弁護士を社員とする社団法人組織としての弁護士事務所で、税制上の対応や、国内に複数の事務所を構えるのが目的となっています。次に、普通の個人の法律事務所があります。この場合は法人ではないので、複数の事務所を構えることはできません。それから、外国人弁護士の事務所もあります。また、日本人の弁護士や弁護士法人と、外国人弁護士が共同で法律業務を行うこともでき、これを外国法共同事業と呼びます。ただし、外国人弁護士が弁護士法人の社員となることはできません。また、様々な分野の法律業務を請け負う法律事務所は、特に総合法律事務所と呼ばれます。そのほか、国際的な企業法務を請け負う法律事務所は、かつては渉外事務所と呼ばれ、今でもこの名称が使われることがあります。あと、弁護士と全く同じではないにせよ、似たような業務を行うことのある司法書士の場合は、法律事務所ではなく、司法書士事務所と一般に呼ばれています。

税理士 東京

会社設立 大阪

田舎暮らし物件

バレエレオタード  キッズ

着物買取